原田琺瑯の職場体験

  • 2017.10.21 Saturday
  • 17:40

NHKカルチャー社会見学をもう一度。琺瑯看板の製作を体験して頂きました。

シルクスクリーンで印刷を体験中です。

「簡単そうに見えるけど、難しいね。」と言うお声もちらほら。

焼き上がりまで見ていただきました。

 

 

〈お問い合わせ先〉

Tell : 092-651-2347
mail : info@harada-horo.com


ほうろう製の古物商 

  • 2017.09.30 Saturday
  • 09:53

 

 

 

全面ほうろう焼成 

(許可番号、商の種別、屋号入り)

¥5,200

※価格は税込みとなります。

※代引き、郵送料は500円発生いたします。

 

無印のほうろう板

(許可番号、商い種別、屋号をご自分で書く必要があります)

¥1,600

※価格は税込みとなります。

※代引き、郵送料は500円発生いたします。

 

ご注文の際はお電話、FAX、e-mailにてご注文ください。

納期は10日程度です。

全面焼成の方は許可番号、商号、屋号のわかる許可証の写しも合わせてお願いいたします。

領収証は商品とともに発送いたします。

領収証の宛名が表札名称と異なる場合はあらかじめお知らせ下さい。

 

ご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
Tell : 092-651-2347

Fax: 092-651-3616
mail : info@harada-horo.com

 

 

 


原田琺瑯のシゴト‐作業編‐

  • 2017.09.16 Saturday
  • 08:06

本日は簡単に原田琺瑯の仕事についてご紹介いたします。

こちらがほうろうの釉薬の主原料、無機ガラス質のフリットです。

無機顔料は色に深みがあり、とても美しいです。

釉薬の成分を調合し、粉砕後、ほうろう釉薬になります。

何度もテストし、お客様の要望の色味を出していきます。

釉薬を塗布し、乾燥させた後、800℃近くの高温で焼きつけます。

無機顔料ならではの温かみのある色合いが魅力です。

シルクスクリーン印刷にて文字を印刷し、800℃近くの温度で焼いていきます。

この他にも紹介できていない、沢山の工程を行って、

一つ一つ丁寧に仕上げています。

ほうろうは耐久性、耐候性に秀いでており、

例えいらなくなってもゴミになりません。

大地成分の珪素なので土に還ります。地球に優しい素材です。

 

商品のことや取り付けなど、ご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
Tell : 092-651-2347
mail : info@harada-horo.com

 


近藤邸の表札です。

  • 2017.09.09 Saturday
  • 07:43

近藤邸の表札は白ベースに黒文字仕様です。

シンプルで美しい佇まいです。

 

 

 

商品のことや取り付けなど、ご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
Tell : 092-651-2347
mail : info@harada-horo.com

 


Sd coffee 北千住

  • 2017.09.02 Saturday
  • 09:17

東京都足立区に新しくOpenしたカフェコーヒー&バーです。

こだわりの深煎り豆を丁寧にハンドドリップで淹れたコーヒーが自慢のお店。

北千住西口駅から徒歩3分、ほうろう看板が目印です。

 

 

Sd coffee 北千住

東京都足立区千住4-19-11サーパスビル1F

03-6806-1013

9:00~22:00 定休日 月曜

https://sdcoffee1010.com

 

原田琺瑯

商品のことや取り付けなど、
ご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
Tell : 092-651-2347
mail : info@harada-horo.com

 

 

  • -
  • -
  • -

| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

archives

others